バイナリーオプション生活の幕開け

バイナリーオプションはゲーム感覚で楽しめる

バイナリーオプション生活の幕開け

 

バイナリーオプションを始めた理由というのは、投資というよりもゲームに近い感覚でした。元々、遊びでギャンブルなどを楽しむことが多かったので、少額で楽しむことができるバイナリーオプションはゲーム感覚で楽しむことができるのではないかと始めることにしたのです。バイナリーオプション以外の投資としては株の取引をしていたのですが、こちらは真剣に資産運用として考えていたので遊び感覚で取引することもなかっただけに、息抜きとしてバイナリーオプションを選んでみたという側面もあります。

 

口座を開設して入金をして取引を開始することにしたのですが、最初は入金額も少なめにして熱くなり過ぎないように気をつけることにしました。また、熱くなるだけでなく操作ミスで大量のポジションを取ってしまって、予想が外れてしまうとその分のお金が全てなくなってしまうわけですから、そのようなリスクも考えてまずは入金額自体を少なめにすることにしたのです。バイナリーオプションは予想が外れたらオプション代を全て失ってしまうわけですが、逆にそれ以上の損失が出ないというのは取引しやすいもので、入金額も少なめなら間違ってもそれ以上に負けることはありませんから、安心して取引をすることができました。

 

為替の取引経験はなかったものの、所詮は上がるか下がるかを予想するだけですから素人であっても負けが続くということはなく、それなりに勝ったり負けたりをすることができ息抜きとしては楽しいものだと感じました。あまり、本気で利益を出そうと考えていたわけではないので勝ったら勝ったでそれをどんどん転がしていく取引をしていたのですが、これが上手くはまって時に大きな利益を手にすることができることも増えてきたのです。負けても最初のオプション代が損するだけですからそれほど痛いわけではなく、それに対して勝ったときのリターンが大きいのでゲームとしても楽しめますし、投資としても悪くないものだと思いました。

 

 

私の人生を救ったバイナリーオプション

バイナリーオプション生活の幕開け

 

数年前の私はとにかく借金にまみれてしまって、どうすれば返済をすることが出来るのか毎日頭を悩ませて生活をしていました。どうして借金を作ってしまったのかと言いますと、とにかく当時は病気の親を介護する為だったり自分自身小さな会社を経営していたのですが経営状況が悪くなったり等々といった原因で、お金を借りざるを得なかったのです。当然借金をするということは利息も発生するということなので、毎月の利息の返済だけで四苦八苦していたのでした。当時の私はもしバイナリーオプションに出会うのがもう少し遅れていたら、きっと自己破産をしていたことでしょう。

 

このように私は借金にまみれて人生に絶望していた時にバイナリーオプションと出会ったのです。きっかけは私には当時何でも悩みを相談しあえる大切な友人がいたのですが、その友達に借金で悩んでいるということを漏らしたところ、その友達はたまたまバイナリーオプションをやっていたということで、私にも教えてくれたというわけです。しかし友達には申し訳なかったのですが、当時の私は正直半信半疑であり、バイナリーオプションで借金を返済するのは困難だろうと思っていました。しかし友達は絶対に借金を返済して自己破産を免れるから頑張ろうとの励ましの言葉を私に送ってくれました。なので私もとりあえず藁をもつかむ気持ちでもいいから頑張ってお金を稼いでいこうと思ったものです。

 

幸いなことに私には勝負に関するセンスがあったのでしょう、バイナリーオプションを始めてまだ間もない時期に予想以上の大きな金額を稼ぐことが出来、すぐに借金の返済に充当することが出来ました。この調子でどんどん頑張って少しづつでもいいから借金を返していこうと改めて決意したものです。こうして私は会社を経営する傍ら、バイナリーオプションにも精を出しました。努力が実って借金を返済し、綺麗さっぱり債務が無くなった時の爽快感は今でも忘れられません。本当にバイナリーオプションは私の人生を救ってくれたのです。

 

 

バイナリーオプションの思い出について

バイナリーオプション生活の幕開け

 

あれは忘れもしない今から2年前の冬のことです。当時の会社の忘年会で、私は仲の良い同僚達数人をお酒を飲みながら盛り上がっていました。私達はお酒を飲んで酔っ払うととにかく気性が荒くなり、無性に何か賭け事をしたくなるという性質を持っていました。まさに類は友を呼ぶということわざがぴったりと当てはまる仲間達でした。その忘年会の席でとある同僚が、私達にバイナリーオプションをして誰が一番一か月後に稼ぐことが出来ているか競ってみようと言い出したのです。とてもノリのいい仲間達ばかりだったので、快諾しました。そしてそれが私が人生初バイナリーオプションのことを知ったきっかけだったのです。

 

私はとにかく仲間うちの賭け事には絶対に負けたくないという性格をしていましたので、その当時はお金を稼ぐということよりも、とにかく勝負に勝ちたくて、ただそれだけの為だけに必死でバイナリーオプションのことを勉強して研究していました。しかし最初は勝負に勝てればそれでいい、一か月しかやらないものだと思っていましたが、思いの外楽しくて稼げるものだということが分かってきたので、これからは仕事等が忙しくない時はよく取引をして副収入を得たいなと考えるようになったのです。

 

そして一か月後の結果ですが、見事に私が仲間達の中で一番稼ぐことが出来ていました。それだけ人一倍必死で取り組んでいたことの現れなのです。そして意外なことに、仲間達も私と同じように、これからも暇さえあれば取引を続けてお金を稼いでいきたいと思っていたのです。やはり本当にいいものというものは沢山の人達に受け入れられるものなのだなと思いました。

 

このように私は元々お金に困っていてバイナリーオプションに出会ったではありませんが、それでも結果的に取引を続けていくことで、かなり毎日贅沢な生活を送ることが出来ています。毎月貰うお給料だけではとても購入できないようなブランド品もコンスタントに購入できるようになりました。

 

 

為替通貨のリスクは一転してリターンの大きさにも比例している

バイナリーオプション生活の幕開け

 

FXが有力な投資方法の一つに名乗り上げてから早くも十年が経過しましたが、けれどFXは投資としてどのくらい優れているもなのでしょうか。これからFXを開始する人のために一方だけでなく、光と影の面からそれぞれFXを詳しく評価していきたいと思います。まずFXの光と呼べる部分ですが、FXがろく簡単な投資方法といえるのは為替レートを利用していることで、株券などと異なり煩わしい銘柄を覚えたり選んだりする必要がないところに思えます。

 

為替レートのつまり為替通貨ならばだいたい多くのFX会社で10種類くらいで、株券などとしますと百以上あるかと思うのでいかに為替通貨のほうが種類が絞られているかがわかります。種類が少ないと選べないということにならないかというと、逆に初心者にとっては数が少ない方がじっくりひとつひとつを吟味できるのでやりやすいのかと思います。数が多いほどいいといえるのは一概にはいえないのです。また、FXの影となる部分ではやはりその為替通貨のリスクに焦点を当てないといけません。

 

為替通貨のリスクというと、何を思い浮かべるのでしょうかというと、やはりアジア通貨危機やリーマンショックなどを考える人は多いのではないでしょうか。為替通貨というのは、双方の通貨の価値のバランスより成り立っていますので、一方が自分が所有している為替通貨にたいして価値が低くなると、その通貨に戻すときに損益になります。逆ならば利益にはなりますが、為替通貨はリスクなくして語れないものといえる意味が出ているのではないでしょうか。

 

さて、しかしFXはそういう為替通貨のリスクだけで片づけられてしまうかというとそれは少しだけ意味が違います。なぜならリスクの大きさは利益の大きさともイコールだからで、うまくいけば資金を増やすことが可能というわけです。為替通貨は上がるか下がるかできからリスクか利益かという二択にわけられます。為替通貨はそういった光と影の部分があることで知られてるのだと思います。

 

 

FXの取引をするにおいてよくある負けパターンについて

バイナリーオプション生活の幕開け

 

FXの取引で利益を出すことのできない人というのは一定の共通のパターンがあるという特徴があります。そのためこれから取引をしようと考えている人はこの負けパターンをしっかり把握して、取引をする際にはそのようなことをしないようにすることが大切になってきます。そこでFXの取引をするにおいてよくある負けパターンとして以下のようなことがあげられます。まず最初ロングでエントリーをしていて、なかなか思うように上がらず、その後為替の値が下落してしまって不安になって、ポジションを閉じてしまった後、相場が反転してそのまま大きく上昇したというパターンです。

 

このような場合はあらかじめ適正な場所に損切りを入れておいて、その場所に達するまでポジションを保有していれば負けることはありませんでした。しかし自分のエントリーしている方向と逆の方向に為替の値が動いてしまうとどうしても不安に感じてしまい、早くこの状況を逃れたいと考えて損切りしてしまうことも少なくありません。しかしその後相場が反転して大きな上昇したのを見て、損切りしなければよかったという大きな後悔をしてしまい、ただ損失を出しただけでなく、メンタル面でも大きなダメージを負ってしまいました。

 

次に最初の取引では比較的好調でいい感じで利益を出すことができたのですが、そのことが調子に乗らせてしまい、安易に取引を継続してしまったら、これまで得られた利益を一気に無くしてしまい、さらに悔しくて取引をしてさらに損失を出してしまったというパターンです。FXの取引は上がるか下がるかの2択なので、一時的に利益を出すことはそれほど難しくはありませんが、継続的に利益を出すことは難しいです。

 

この場合は自分に取引の才能があると自惚れてしまい、それが結果的に大きな損失をもたらせてしまったということになります。それからレンジ相場で取引をしてしまい、相場にことごとく逆をつかれてしまい、トータルで大きな損失を出してしまうというケースも結構多いです。

 

FXの初期投資金額は自分で納得できればいくらでも良い

 

私がFXに初めて取り組んだ時の初期投資金額は、だいたい20万円くらいでした。どうしてそのくらいの金額になったのかというと、コツコツと貯めていた貯金が20万円だったからです。それがFXを始める上で多いか少ないかはいまいちピンときていませんでしたが、どちらにせよそれ以上の初期投資金額を用意することはできなかったので結果的にはちょうど良かったと思っています。

 

仮にその20万円をすべて失うことになったとしても、それは貯金額が0になるというだけで日常生活に対して差しさわりがあるわけではありません。もちろんコツコツと貯めた20万円がなくなってしまえば大きなショックを受けることに違いありませんが、それでも人生が狂ってしまうほどの額ではないのです。結果としては、その余裕ある初期投資金額が良かったように思います。最初のうちはよくわからなくて損を繰り返してしまったのですが、FXのことをよく知っている知人からアドバイスを受けたりすることで徐々にコツを掴むと少しずつ利益を出せるようになりました。

 

ただ、それも一時的なことで合計収支はマイナスなのですが、それでも一瞬にしてお金が無くなってしまうようなことは防げたので良かったと思います。初期投資金額が20万円だったことは妥当なのだと改めて思いました。このFXにおける初期投資金額は、どれだけ資産を有しているかによっても違ってくるはずです。100万円くらい投資する人も世の中にはいるでしょうし、レバレッジを考えてあえて少ない初期投資金額で投資する人もいるはずです。

 

ですから、初期投資金額についてそこまで真剣に考える必要はないですし、自分が納得できるだけの金額を用意すれば良いのだと思います。結局はその後どんなFXをしていくのかが大事になっていくわけで、書記投資金額でFXのすべてが決まるわけではないのです。ですので、FXの初期投資金額は自分が納得できればいくらでも良いと思います。

続きを読む≫ 2015/12/10 10:20:10

自動売買をするにおいてのメリットとデメリット

 

FXの取引をするためにはいろいろなことを学ばなければなりませんが、そのようなことを他の人の力を借りて行うことができれば効率的であるということが言えます。

 

そしてFXの取引をするにおいても上記のような方法で取引をすることができ、それは自動売買の方法を利用することです。自動売買とはどのようなものなのかというといろいろなデータに基づいて取引をするためのルールを構築し、それに基づいて機械的に取引をするものです。この方法を利用すれば自分で相場の分析をする必要もなく、また取引をするためのいろいろな技術を身につけることなくFXの取引をして利益を出すことが可能となります。

 

そして現在自動売買の方法でFXの取引をしている人も少なくありませんが、この方法を利用するにおいてもメリットとデメリットはどのようなことがあるのかというとまずメリットとしてあげられるのが当初のシナリオとおりに取引をすることができるので、あまり後悔が残る取引をすることが無くなるということがあげられます。人の感情を排除することができるので、途中で取引方法を変えることがなくなり、それによってしっかりと利益を得ることができて、トータルで勝てるようになります。

 

また絶好の相場なのに見た目はエントリーしにくいという場面も少なくありませんが、自動売買の方法で取引をする場合にはこのようなときもしっかりエントリーすることができて、利益を獲得することができます。さらに損切りのほうもしっかりしてくれるので、仮に取引がうまくいかなくて損失を出してしまった場合においてもその額を最小限に抑えてくれるので安心して取引をすることができます。

 

これに対してデメリットとしてあげられるのが自分の判断で取引をするわけではないので、楽しむという点では物足りなさがあります。それから過去のデータに基づいて作られているので、相場の傾向が変化してきた場合には対応することができない場合もあります。

続きを読む≫ 2015/12/10 10:19:10

午前中、相場観察を頑張ってから息抜きのために外出。

 

7月21日。午前中相場観察を頑張って、お昼ご飯を食べに外出しました。あっさりしたものが食べたいと思ったのでお蕎麦が食べれる店に行きました。お昼なので混んでいて、15分くらい待ちました。クーラーが効いて涼しい。好きなものを食べて何も考えずにボーッと出来て、楽園。その後、ショッピングモールに行って服を見て、1時間以上過ごしました。外出の最後は喫茶店に入り、究極の息抜き。抹茶のケーキとアイスティーを本を読みながらじっくりと味わいました。書店に行くとFX関連の書籍と出会うから自然と見てしまうんだけど、立ち寄った喫茶店はファッション誌や週刊誌がメインで、この中から読みたい本を選ばざるを得なくて自然と相場離れが進みました。

 

無理やり考えさせない環境がありがたかった。今の相場はどうなってるんだろう?なんてまったく考えなくて、ファッション誌を見てこの服が素敵!と思っているだけでかなり元気になりました。余計なことを考えなくて、脳が生き返った。FXの記事を読むと、エントリーの仕方の他にどうやって息抜きしていいのかわからない!と、リフレッシュの方法を悩んでいる人も多いみたいです。資金管理とか手法のことばかりかと思ったら意外です。息抜きって、頭で相場を考えないようにしてボーッとしたり、脳を休ませる。こんな単純なことだと思うのに訓練しないとうまく行きません。

 

初心者の頃は気分転換がとても上手ではなくてストレスを溜めこんで、急に泣き出したり、膨れたり、情緒不安定でした。相場を考えないようにしようと思っても、頭の何処かでは考えていて気が休まりませんでした。月曜日から金曜日はどうやってトレードしたらいいんだろう?と考えてエネルギーを消耗。これは今もそうですが、今と違うところは相場がやっていない土日まで、トレードのことで悩んで頭が重かったです。年中無休で息抜きになってないから、結局疲れて体調を崩しました。

 

めちゃくちゃ辛かったし、このままではまた今と同じことが起こると思い、なんとかしなければと思いました。平日はともかく休日の時は映画を観に行く、森林浴をするなどして無理にでも考えない訓練をしました。そうしたことで、元気になっていく自分を感じ、これでいいんだと思いました。それ以来、自然と息抜きが出来るようになりました。

続きを読む≫ 2015/12/10 10:19:10

ロスカットが発動すれば破産を未然に防げたかも

 

スイスフランショックの被害にあった人、たいへんそうな感じで、スキャルピングうんぬんの次元ではありません。いくらの売りポジションだったかによりますが、一発で破産です。FX業者のほうは弁護士に依頼するのは資本からして可能ですが、トレーダーのほうは無一文になっているわけだから、弁護士にどう依頼すればよいのかわかりません。弁護士報酬のほうもかかるし、たいへんです。そのショック、スイスフラン円のみと思いきや、ユーロスイスフラン、カナダドルスイスフラン、の通貨でも同じぐらいのダメージになっています。スイスフランのところは全部被害が発生したということがわかります。

 

数多くの破産が起きたのが今年1月ですが、FX中止のときはまったく知らなかったしニュースも見ていなかったから、数ヶ月経ってから知ることになりました。改めてその事実を知りつつも、とんでもない値動きになっています。ストップロスを入れていたのに、ロスカットが発動しなかった、これは約定スピードに問題があるといえるし、それだけ遅延をもたらしているFX業者のシステムに問題ありとして、損失を除去できるのではないかなと思います。明らかに常識はずれの値動きになっているし、あれは払わなくてよいでしょう。海外に逃げるか、弁護士に相談するか、どっちかになるはずです。

 

こういうことがあるとすると、うかつにFXに手を出せなくなります。もうああいうことはない、と言い切れるかどうかです。日銀の黒田ショックのときも、いきなりドルが下げましたが、あれとよく似たパターンです。ポンドは普段からショックほどではなくともいきなり大幅に下げることがあり、冷や汗ものです。この波に乗れれば利益がどさっと増えますが、逆になると損失が増えます。突然のこととしては、予見できるものではない、だから余裕を持った取引が大切になってきます。しかし、ロスカットが発動するなら、ギリギリまで最大限に売買する取引も安心です。

 

続きを読む≫ 2015/12/10 10:19:10

ある事がきっかけで中国の国旗と赤色の持つ効果について調べてみた

 

7月22日。東京時間午前の10時30分頃に急に大きな値動きがあったので指標発表があったのかと思い、確認してみました。すると、豪州の指標で消費者物価指数の発表があるとカレンダーに書いてありました。きのうちゃんと確かめたはずなのに、頭から抜けていました。指標カレンダーを見ると、国の名前が書いてある横に国旗が描かれています。中国の国旗はインパクトがある赤で、一度見ると頭から離れないので翌日の指標を覚えているのですが、オーストラリアの国旗は、癒し効果のある青色がメインで見ている人に緊張感を与えないので、気が緩んでしまい覚えられないということになったのかなと思います。

 

オーストラリアの国旗は、爽やかでもあり、サンタクロースをイメージしておしゃれですね。指標発表を忘れてしまった事をこんな風に解釈しました。色がインパクトを与えて記憶に残りやすくする。これは、相場観察でも利用できそうな気がします。ついでだから中国の国旗の赤色の効果について調べてみました。私からすれば赤は炎の色で、危機感を持ちます。赤は他の色に比べ、よく目立つため、視覚に訴えてくるそうです。気持ちを興奮させる色と書いてありました。赤色から連想するイメージでは、怒り、燃える、派手、緊張、自己主張などがありました。確かにそんな感じがします。心理的な効果では、やる気を促す、時間を早く感じるなどがあるそうです。

 

ちなみに、中国の国旗は1つの大きな星の右側に4つの小さな星が描かれています。大きな星は中国共産党の指導力を表し、小さな4つの星は農民、労働者、小資産階級、愛国的資産家という4つの階級が表現されています。あと中国人は、自己主張の強い国民性があると言われています。それが見事国旗の赤に表れています。豪ドル円の国、オーストラリアの国民性は、日本人の性質とは異なり、くよくよしないおおらかな国民性です。それが穏やかなブルーの国旗に表れていますね。指標発表カレンダーには国旗が描かれているので、興味を持ったら相場が動かない時間に調べて勉強するのも楽しいですよ。

続きを読む≫ 2015/12/10 10:19:10

ほかの投資方法と比較してみるとFXの良さを知ることができる

 

世界の格差が広がり続けるなかで、自分のお金は自分で増やさなければならないという金融意欲が高い人がこの頃多くなり続けいるのです。いくら不況を脱出したからといってもいろいろな人がこの先に安定した収入が約束されているわけではなくて、むしろこの先に資産はどうなるのだろうと不透明なことが大きく何かと不安になるかと思います。それでは、そんななかで最近人気のあるFXとそのほかの投資を比較して、FXの良さを再認識していきたいと思います。

 

まずはFXのメリットといえば、そのシンプルな取引で投資初心者にとってわかりやすいシステムとなっているところです。為替を基軸にしているその取引形態も非常にわかりやすく好評なのではないでしょうか。これまでの投資には、銘柄選びが大変な株式投資や、いちど投資すると規定の年月までつけておくことになる国際、リターンが自分の意思で反映しにくい投資信託、価値が時代により動きやすい金、またそのほかにもETF、バイナリーオプションなど、投資と一口にいってもいろいろなものがあるんだと分かります。

 

FXはこの中でいうと、新しいほうですが知名度はぐんとあります。比較してみるならば、株式投資のように銘柄選びに迷いにくく、国債のように返済期間がないというのがまずFXで、先日のようなギリシャ問題があると債権が返金されるかやきもきさせられて、国債にも不信感がどうしても高まってしまうものです。あと投資信託は自分で中身を選びリターンに反映しにくいので、どうしても初心者向けでリターンが少ないものになるのではないでしょうか。

 

そしてそういうところを加味してみるの、FXはあらゆる投資においてわりと優等生であるとともに、大きなデメリットが目立ちません。FXではロスカットと為替リスクが最大の関門ですが、そこさえオーケーならばうまくコントロールしていくのならば、そのデメリットも解消できるのではないでしょうか。FXの良さを知るためにほかの投資方法と比較してみるといいでしょう。

続きを読む≫ 2015/12/10 10:19:10

FXを生活の糧にできるのか、調べている内に取引したくなりました。

 

こんにちは、私は30代後半フリーターです。現在は仕事はしておりません。これから自分の生活をどうしようか迷っております。幸い私は独身なので、家族を養っていく必要がありません。しかし、これから、ちょっと不安になって1人暮らしていけるか電卓をたたいてみました。結果、毎月10万は必要な事が解りました。多くを占めるのがアパート代と税金、国民年金でした。アパートをより安い家賃に引っ越ししようか考えましたがどうもコストがかかって仕方ないので、何とかネットで月に10万稼げないか考えました。

 

ネットじゃなくて、就職しろよと言われるかもしれませんが、年齢的に人と上手くやれると思えません。もう引き返せないところまで来てしまいました。そんなことを思いながら、さくさくと、ネットを検索しているとFXがヒットしました。FXは外国為替証拠金取引という名前がついています。その名前のとうり外国通貨を証拠金を預けることによって取引します。このFXは実は歴史はすごく浅いです。誕生したのが、2000年手前です。まだ数年しか経っていません。きっかけは1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されたためです。

 

よってライバル少なく勝てるチャンスがあるかもしれませんので、まだまだ淡々と調べていきます。このFXの最大の特徴は預けた証拠金で何倍もの取引ができるという点にあります。証拠金イコール担保といった方が解りやすいかもしれません。FXは取引額の全額を受け渡しするのではなく、取引した時に出た損益のみですませる方法を取っています。これを差金決済と言うみたいです。上手く説明すると、証拠金が20万で、100万分の取引して5万の損が出たら、証拠金から5万引かれるのです。

 

こうやってFXを調べている内に私も取引したいと思いました。ちなみに私の初めの取引は10万円を用意したいです。そして、レバレッジは10倍にし、100万の取引をしようと思っています。初めはレバレッジを押さえて負けないようにしたいです。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:29:22

FXを始めるにあたって覚えておきたいことはたくさんあります。

 

こんにちは、私は現在FXを始めようとしている新参ものです。FXというのは外国の通貨を取引して儲けを出します。今日はFXの儲かる仕組みを考えてみようと思います。初めにFXは外国為替差異を狙っていくので、円安、円高について知っておかなくてはなりません。まず円安です。昨日は1ドル100円だったけれども、今日は1ドル101円です。この状態は対前日で1円の円安になります。何が変わったのかと言うと円が100円から101円になっています。説明をすると、昨日は1ドルが、100円で買えたけれども、今日は101円も必要になったということです。1円多く円が必要でした。

 

次は円高です。昨日は1ドル100円だったけれども、今日は1ドル99円です。この状態は対前日で1円の円高になります。何が変わったのかと言うと円が100円から99円になっています。説明すると、昨日は1ドルが、100円で買えたけれども、今日は99円で買えました。1円得してます。これで何とか円安、円高は理解できたと思います。しかし、まだ覚える事があります。円安や円高はあくまで日本側用です。世界の基軸通貨は米ドルなので、ドル高、ドル安となります。よって、円安ドル高、円高ドル安と覚えるようにします。

 

そして、最後に覚えなくてはならないのが、1円以下の単位です。1円以下というのは銭という単位です。銭は日常の買い物では使われていませんが、為替レートの世界ではバリバリ使われています。1ドル100.236みたいな感じで表示されます。そんな細かいのは無視したいと思うかもしれませんが、FXの世界ではスプレッドというものが、存在します。これはFX業者によるマージンのようなもので、売買の際に取られます。

 

しかも、このスプレッドは通貨の種類によって、異なります。例として、あるFX業者は米ドルは0.3銭、ユーロは1.1銭、ポンドは1.9銭といった感じです。私もこれからFXをやりたいので、コツコツ覚えていきます。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:29:22

FXが人気な理由を探っていたら、気を付けたい面も解った。

 

こんにちは、皆さんばFXって知っていますか?私は数年前から名前だけは知っていました。同時から、注目されていましたが、FXは今でもすごく人気があるのですね。今日はFXかどうして、こんなに人気があるのかを探ってみようと思いました。まず初めに気がついたのは、その手軽さではないでしょうか。FXをするのに50万だとか100万だとか必要はありません。5万もあればできます。しかも、少額なら負けても何とかなりますから、ギャンブル感覚で楽しむこともできます。しかも、今はパソコンがなくても、携帯電話やスマートフォン、タブレットでどこでも取引ができます。

 

次に思ったのは手数料の安さです。今では手数料が無料が当たり前になっています。私が最近調べた大手のFX業者はすべて手数料無料でした。それだけ競争が激しくなってきているのかもしれません。しかし、手数料の代わりに、どの業者もスプレッドというものを取っていました。このスプレッドは売買の際に取られ、通貨ごとに幅が違っておりました。又、業者によってスプレッド幅は違っていました。

 

最後に思ったのは取引の自由度が高いことでした。FXは日本だけでなく、世界中でネットワークがあり取引が成立しています。よって平日であれば24時間いつでも取引が可能です。これはどうゆうことかと言うと、昼間働いているサラリーマンでもお昼休憩などの隙間時間があればできます。サラリーマンでない主婦も、自分の空いた好きな時間に取引できるのです。

 

この3つを考えてみると、FX人気は納得がいきました。しかし、ここで私は人気の半面、注意しなくてはならないこと気が付きました。それは24時間取引です。自分が寝ている間に取引が世界のどこかで活発に行われているということは、寝ている時は利益確定も損切りもできない点です。少しうとうとしたら怖いと思いました。もし、自分がFXを始めたら、この点だけは気を付けたいと思いました。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:29:22